So-net無料ブログ作成

凛の手術後の経過と新たな問題 [健康・食]

久しぶりの投稿です。
凛の体調がだいぶ良くなったので また始めようという気持になりました。
今回の凛の手術は眼の手術かと思われた方もいたと思いますが
実は毎日出る「オリモノ」の原因を探る手術でした。
    
凛のオリモノが出始めたのは避妊手術の半年後くらいからで
最初は春と秋に数回出ていたのですが ここ1〜2年は毎日になりました。
もちろん避妊手術をした近所の病院で診てもらっていたのですが
処方してもらった抗生物質を服用してはオリモノが止まり、
またしばらくすると毎日出るようになってしまう・・・の繰り返し。
この病院ではそれ以上の治療や解決がみられないと思い、
心の臍ヘルニアの手術や歯の治療をしてもらっている
駒沢公園近くの病院に相談をしたところ いろいろな検査をしてくださいました。
    
まず血液検査では問題なし、次に一週間ほどかかるけど
ホルモンの分析もしてもらいました。すると避妊手術を済ませている
ワンコよりも「発情ホルモン」の数値が高いことが分ったのです。
凛のお尻の毛が薄いこと、避妊手術を済ませているのに性器が大きいこと等から
「もしかして卵巣の取り残しがあるのかも」と先生はおっしゃいました。
ただこれはお腹を開いて見てみないことには分らないということ、
先生の経験ではお腹の中が癒着していて手の打ちようが無いこともあるそうなんです。

悩みに悩んで2月22日の手術に踏み切ったのですが・・・
結果は卵巣の取り残しは無し。きれいに処置されていたそうです。
ただ膀胱近くの疑わしい部分を切除し、念入りにチェックして手術は終了しました。


手術痕.jpg    
性器の近くまでお腹を切ったので術後のケアが大変でしたが
今ではヘソ天でくつろぐほど心身ともに回復しました。
その後のオリモノですが・・・抜糸の日に少し。今日までに4回出ています。
以前はドロっとした濃いオリモノでしたが今回のはそれと違って透明のものが少し。
まったく止まったわけではないので今後も注意して様子を見ていかなくては
いけないと思っています。
でも今回の手術で霧が少し晴れた・・・というか
重い扉を開けて前に進めた感じがして 良かったのではないかと思っています。

    
抜糸の日1.jpg
抜糸当日(術後12日)の凛。
眼が見えない凛にはとても大変なストレスだったことでしょう。
時々見せる恐怖に怯えているような様子には 胸が痛みました。


抜糸の日3.jpg
大きくお腹を切ったので抜糸が通常よりも長く12日もかかりました。
もう所々糸が取れかかっています。
お腹ポッコリに驚きました。これ脂肪のかたまりだそうです。


抜糸の日2.jpg
このポッコリ。術後一週間は床に付くほど大きかったんです。
心配性のパパは「大丈夫か?!」「脱腸じゃないのか?!!」
良くない事ばかり頭を過って仕事が手に付きませんでした^^


私も疲れたわぁ.jpg
心も家族の一大事を敏感に感じとって・・・ずっと元気無し。
どちらか調子が悪いと健康な方も別犬のようになってしまいます。
今回も改めて凛と心はワンセットなんだなぁって感じました。

何だコレ?.jpg
そして・・・一難去ってまた一難。また新たな問題が発生!!
一週間ほど前ですが凛の背中にこんな傷ができてしまいました。
病院で診てもらいましたが今のところは判断出来ないとの事。

背中に.jpg
傷がたくさん現れて脱毛してしまうようであれば
またダックスによく見られる病気の可能性があります。
今日の時点では他の傷を発見していないので
このまま治ってくれるといいのですが・・・
    
りんここ家の2月・3月はとても大変でした。
ここでやっと落ち着いた感じがします。
これからはブログの更新も みなさんのところに遊びに行くことも
出来そうなので これからもどうぞヨロシクお願いします。


Rincoco Gallery
 
nice!(17) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。